• 群集生態学
    門脇 浩明
    生物多様性や生態系のデータ解析を得意とする。森里海連環再生プログラムでは、陸域と海域における生物群集や生態系のデータを統合し、物質循環のシミュレーションを用いることで、森や里と海の連環の一端を明らかにすることを目指す。

    個人のページ
    教育研究活動データベース
  • 森林生態学
    大庭 ゆりか
    日本の森林生態系における物質循環および環境汚染問題に取り組んできた。森里海連環再生プログラムでは、陸域生態系が海の生物多様性や漁業に与える影響を解析し、これまで見落とされていた問題点をあぶりだすことで、失われつつある生態系のバランスを取り戻すための解決策の提案を目指す。

    教育研究活動データベース
  • 水圏生態学
    中野 伸一
    湖沼や海洋の微生物ループの生態学的研究に従事。微生物ループとは、プランクトン食物網において植物プランクトンが光合成中間代謝物や自己分解物として排出する溶存態有機物を細菌が栄養基質として利用し、細菌を原生動物が摂食し、さらに原生動物が動物プランクトンに捕食されることによって従来の生食連鎖につながる系である。水質やプランクトンの専門家として森里海連環の重要な要因の連鎖の解明をサポートする。

    教育研究活動データベース
  • 理論生態学・地球環境学
    谷内 茂雄
    理論的な考え方と数理モデルを使って、多様な空間スケールと歴史的・進化的視点から地球生態系の謎解きに取り組む。一方で、生態系と地域が共存できる流域管理の仕組みをテーマに、琵琶湖流域での学際的な研究プロジェクトに取り組んできた。森里海連環再生プログラムでは、学際研究の経験にもとづいて海と森・里を結ぶ重要な要因の連鎖の解明をサポートする。

    教育研究活動データベース
  • 情報科学・生態系シミュレーション
    伊勢 武史
    地球温暖化と植物の関係をシミュレーションするなど、環境問題を広い視点で考えてきた。近年はドローンやディープラーニングなどの新しい技術の活用を進めている。このプロジェクトでは、水や養分、土砂などの物質が流れることで、森や里が海とどのようにつながっているかを解明する。

    教育研究活動データベース
トップへ