2019/10/22

「京(みやこ)と森の学び舎」第2期受講者を募集!【募集を締め切りました(11/15)】

※「京と森の学び舎」第2期受講者につきまして、11月15日、定員に達しましたので募集を締め切りました。
 多くの関心を寄せていただき、誠にありがとうございました。

 

京都大学森里海連環学教育研究ユニットでは、森里海の再生や自然保護、地域活性化について京大の研究者と市民の方々とが学びあう勉強会「京と森の学び舎」を実施しています。
この度、第2期の開催が決まりましたので、私達とともに考え、活動してくださる仲間を募集します!

第1回は、「森里海を次世代につなぐには?」というテーマで、私たち森里海連環学教育研究ユニットの取組紹介と、この学び舎で大学と市民の皆さんとの対話から何が生まれるか、参加者の皆さんと議論したいと思います。

日時:12月6日(金)18:30~20:30
場所:キャンパスプラザ京都 6階第8講義室
定員:20名
参加希望の方は下記のメール(担当:赤石)まで、お問い合わせください。

【京と森の学び舎2019】の概要
期間:2019年12月~2020年9月
対象:20代~40代の社会人を中心に、20名程度。
参加費:無料(フィールドワークでの食事など実費は自己負担)

(1)森里海の今を学ぶ「京と森の学び舎」開催  5回
若手の研究者や社会企業家等による、森里海や持続可能な社会づくりの講義や、参加者同士の意見交換、ワークショップなど。

(2)森里海での活動「フィールドワーク」実施  3回
京都大学の研究施設「芦生研究林」や「舞鶴水産実験所」などで、研究活動や自然保護活動、地域活性化の取組を学ぶ、フィールドワークを実施。

受講者の特典:参加者には修了後に京都大学より森里海コミュニケーターの称号を授与!

問い合わせ先:京都大学森里海連環学教育研究ユニット (担当:赤石)
akaishi.daisuke.7n(at)kyoto-u.ac.jp
(at)を@に変えて送信してください。

詳細はユニットのホームページでも確認できます。
https://linkagain.kyoto-u.ac.jp

問合せ用QRコード
京と森の学び舎2018の様子①
京と森の学び舎2018の様子②
新プロジェクト
「RE:CONNECT」
スタート