森と里をつなぐ川の役割とは

近年、流域に暮らす地域の人々や社会が抱えるさまざまな問題がクローズアップされています。植林や都市開発、過疎高齢化、激甚化する自然災害など、これらの問題の背景にあるのが、流域における土地利用形態の変化です。その変化は、森や里を流れる川を通じて、海の豊かさに大きな影響を及ぼし、森・里・海の分断を引き起こしました。森里海連環を修復し、地域の人々の暮らしや社会を守っていくためには、森林・畑・田・住宅地などの土地利用形態が現在に至るまでどのような変化を遂げ、これからどうなっていくのかを理解しなければなりません。陸域の現状把握と正確な未来予測を行うことは、森・里・海のつながりの再生を通じ、豊かな川や海を取り戻すための第一歩となります。
陸グループでは、河川の流域の情報の収集と統合を実施します。日本各地の32河川を対象としてデータベースの構築を行い、「つながり」グループと協働しながら分析を進めます。この活動は、現状把握と将来予測を行う分析のための重要な基礎となります。また作成したデータベースを、GIS(地理情報システム)の活用により一目でわかる図として「見える化」し、専門家以外の様々な人にも利用しやすい形にとりまとめます。

こんな研究をしています

私たちのグループでは、流域における人間活動と海とのつながりを解明するための必要なデータベース整備を進めています。人間活動と一言で話すと無味乾燥なものと取られがちですが、我が国では長い歴史の中で培った貴重な文化が現場にあり、地域ごとに経験則に基づく極めて合理的な暮らしが営まれています。データだけでなく、フィールドにも積極的に訪れて「地域を理解」することを大切にしています。また、流域を面として捉え、地理情報科学の分野で開発されてきた種々の空間モデルを適用し、複雑な流域の構造を解明していきたいと考えています。

担当研究者

私たちのグループでは、森里海をつなぐ個々の要素の関連性について、その変容の把握と機構の解明に資するべく、対象流域圏の主に構造と機能に着目してデータマイニングを行っています。近年のビッグデータ時代においては、単に研究分野に留まらず政策支援や意思決定支援の局面でデータマイニング技術から得られる知見の集積は非常に重要です。特に持続可能な開発目標(SDGs)や生態系サービスといった非常に網羅的かつ多面的な価値観を俯瞰し、既存の知見と調査結果を統合化しつつ、より高度な研究を行う事が我々の活動の中心です。また研究成果を広く一般の方々に御理解頂くために、よりレベルの高い視覚化(デジタルマッピング)を心掛けています。

担当研究者
トップへ